2020.06.28カテゴリー:

今回の依頼はコールセンター経由のご依頼です。
ご家族がトイレに閉じ込められて出られないとのことでした。

閉じ込められてしまったのはこちらのドア。

青色の表示で開いていることがわかりますね。こういう時はラッチボルトの破損が考えられます。
ドアの隙間からアプローチしようとしましたが、今回は難しくて断念。こんな時は力業です。

空気圧を利用して開錠します。

やはりラッチボルトが壊れていました。

全て取り外して
 

新しいラッチボルトを取り付けて元通り。
 

開錠の時についてしまった傷を補修して完了です。
 

ご利用ありがとうございました。

さて、トイレや浴室にはたいてい非常解錠装置というものが付いていて、大抵は外からも解錠できるようになっています。
今回のタイプだとこの←の部分です。

施錠時にはここが横向きになっていますので、コインなどを使ってグルっと回して縦にすると開きます。回しても開かない場合はサービスまでご連絡ください。我々鍵屋の出番です。
ただし、中に閉じ込められている人が体調を崩しているような場合は、迷わず救急に電話して、レスキューと救急車を手配してくださいね。
レスキュー隊によってドアは壊れてしまうかもしれないですが、中の人の命が大事ですから、まずはどんな方法でも開けることが第一です。しかもこれからの季節はトイレ内での脱水症、熱中症に注意が必要です。年配の方、お子様は特に注意が必要です。
また、一人暮らしの方はできればトイレには電話を持って入られることをお勧めします。私どもでも年に数件、一人暮らしの方がトイレに閉じ込められているのを救出しに行きますが、そもそも電話がないと外部に連絡を取ることができませんので、必須です。

2020.06.21カテゴリー:

今回ご紹介するのはこちら。

ユーシンショウワのウェーブキーシリンダーです。

鍵はこんなタイプです。

店頭ではこのタイプの鍵のコピーも5分ほどで作成しています。

解錠後のサムターンはこちら。

通常のタイプでした。

2020.06.19カテゴリー:

今回は店頭で取り扱っている便利グッズの紹介です。

これです。

当店ではこのキーキャップを1個50円(税別)で販売しています。
どのように使うかというと…

こんな感じ。
鍵のヘッド部分にかぶせて使います。ご紹介以外の色もありますよ。
複数の鍵を色分けして管理・持ち歩きするのに便利です。
「○○ちゃーん、赤い鍵持ってきてー」とか
これは水色の鍵だから「△△、鍵を置きっぱなしよー」とか ご家庭はもちろん
会社でも会議室は黒、物置は緑と使い分けできますよ。
それと、このキーキャップは付けることによってグリップが良くなるんです。
手袋をしたまま鍵を操作するバイカーの方や、ちょっと手元が不安になってきた年配の方にもお勧めです。

次はこちらのタイプ。

すっぽりかぶせるタイプです。こちらは画像の全4色です。
付けるとこんな感じ。
 

これは裏表のあるタイプで、窪みに指がしっかりフィットするタイプです。
キー番号もしっかりと隠れるので、番号の盗み見による不正鍵の取り寄せ防止にもなりなすよ。
当店では1個120円(税別)で販売しています。

鍵専門店でなくても、最近では雑貨屋さんや文房具店でもかわいらしいキーカバーが販売されています。
お気に入りを探してくださいね。
特に、お子さまに持たせる鍵にはかわいらしいものを付けてあげると、「たからもの」感覚で大事にしようとしますので紛失防止にもなりますよ。

2019.10.29カテゴリー:

皆さま、今日は自動車のリモコンキーについてご案内します。

長年愛用されているとリモコンキーのボタンの部分が破れてしまったり、リングになっている部分が折れてしまったり、ヒビが入ってしまったことあるかと思います。
挙句の果てには、ビニールテープで「ぐるぐる巻き」なんてこともあると思います。

こんな風に  

そんな時は弊社にお任せください。
あっという間に鍵が生まれ変わりますよ!

ご覧ください。

車種によっては、デザインが変わってしまう場合もありますが、快適なリモコンキーに生まれ変わりますので、ぜひご検討ください。
国産車であれば、ほぼ材料は在庫しておりますのでご安心ください。輸入車もお取り寄せ可能です。
もちろんリモコンキーの電池交換もお任せください。
作業時間は5~10分程度、料金は2,000円~で承ります。電池交換のみの場合は800円~です。

お問い合わせは、お気軽にお電話ください。

2019.10.20カテゴリー:

長年放置していました弊社ウェブサイトを このたびリニューアルいたしました。
スタッフブログも日々の作業の様子や、鍵に関する豆知識など、
都度更新したいと考えておりますのでよろしくお願いいたします。

ページトップへ